イラストレーター・アニメーター・絵本作家。
兵庫県の超ヤンキーエリアでボコボコにされつつ育ち、金沢美術工芸大学に入学。初めて文化というものを知る。在学中「タイは若いうちに行け」というキャンペーンを信じてタイに行き、身ぐるみ剥がされ強制送還、人生初のヒモ生活を知る。大卒後に東京の会社に入社し、SONY二足歩行ロボットQRIOのダンスモーションプログラマー、踊るスピーカーROLLYのモーション開発者、ダンス雑誌でのダンス漫画連載を並行するも、自分自身まったく踊れないことに気づき退社。ヤケを起こし7つのタッチのイラストレーターに転身、活動範囲をTV・CM・Web・雑誌・書籍・絵本など見境なく広げ続けた結果、完全に自分を見失い、2018年より鎌倉移住。最近の趣味は、クラシックギター見学、海辺でサーファー見学、トンビが弁当襲うの見学。誰も買い取ってくれない文庫本の表紙に落書する落書文庫研究会の会員 ( 現在1名 ) 。 
Hama-House is an illustrator, animator, and picture book writer. He studied graphic design in Kanazawa College of Art. After a few years of designing and direction for a movie production company in Tokyo, he became a freelancer. He has contributed to a broad range of media including TV, websites, books, magazines, and picturebooks. Moved to Kamakura aria in 2018. These days, he spends day off strumming his guitar, looking surfers at a beach, and doodling on old covers of cheap paperbacks.